スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工衛星 宇宙エレベーター開発

いきなり言い訳がましい始まりで恐縮ですが、、、
全然ブログ更新もなく、例年出展していた「Make」にも参加せず、”もうチーム開発止めちゃったの”と思っていたアナタ、
いいえ、違います。 むしろその逆になんだかとても忙しく楽しい日々を過ごさせていただいてます!
*更新しない理由になってないですね(苦笑)

近況ですが、なんとチーム奥澤、”人工衛星”作ってます(大袈裟)!
 2005年にはじまったテザー宇宙ロボット実証実験衛星を開発する「STRASプロジェクト」の3号機目にあたるテザー伸展実験衛星「STARS-C」開発を進めている静岡大学さんから昨年末お声をかけていただき、そのプロジェクトチームの外部協力者としてチーム奥澤もその一部分ですがお手伝いさせていただいております。
 STARS-C計画は宇宙空間におけるテザー伸展実験を目的とした小型衛星(サイズ2U:X100xY100xZ200[m/m])で一旦ロケットで国際宇宙ステーションまで運びJAXA実験塔<きぼう>から宇宙空間に放出、2つに分離しながらテザーを伸展していくメカメカしい(?)衛星で来年(平成28年)打ち上げ予定です。

詳しいことは大人の事情(苦笑)でここに書けないのでプロジェクトサイトを以下に紹介します。(クリックで外部サイトにリンク)
STARSプロジェクト
スターズエデュケーション(STARS-C計画)

なかなか知る機会はないですが、これまでの地上実験に加え、宇宙空間での実験もちょっとづつ進んでいる宇宙エレベーターの近況でした。
これからもぜひご注目ください!



スポンサーサイト

SPEC2015 開催!

すっかりブログの更新が滞っておりますが、宇宙エレベーター開発は継続していますよ!

チーム奥澤、今年も「宇宙エレベーターチャレンジ(SPEC2915)」に出場します!

第7回宇宙エレベーターチャレンジ(SPEC2015)開催概要」*クリックで主催者サイトにリンクします。
主催:一般社団法人 宇宙エレベーター協会 SPEC実行委員会
日時:2015年8月11日(火)~14日(金)
場所:福島県いわき市
内容:宇宙エレベーターのクライマーモデルとテザードバルーンを使った共同実験、上空に係留したバルーンから地上までつないだロープ/ベルトを連続昇降する昇降機の性能計測

今回チーム奥澤が投入するクライマー(実験機)は7号機目となる「momonGa-7。」
昨年1200mX2往復昇降に成功した6号機の改良版です。ぱっと見は前機と変わりませんが、いままでの不具合を改良し軽量化を図り全長で約110mm小さくなっています。

momonGa7-0

 そして駆動部モーターは今流行り(苦笑)の"ドローン"の大型マルチコプター用モーターを改造して取りつけています。今まではラジコンヘリ用モータを使っていたのですが、ドローンのおかげで種類も豊富になり選択/入手し易くなったことで実験的に投入しました。これから電流/トルク特性など様々なデータを取得し、クライマーへの最適化を図っていきます。

まずは明日からの大規模昇降実験です!うまくいくといいなあ。。。



目撃!日本列島「エレベーターで宇宙へ~サラリーマンたち 夢への挑戦~」

目撃!日本列島「エレベーターで宇宙へ~サラリーマンたち 夢への挑戦~」
http://www4.nhk.or.jp/mokugeki/x/2014-08-30/21/15372/
をご覧になり、当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

この度は、NHK様の番組で当チームの活動を取り上げていただき、多くの方にお伝えすることが出来ました。
当チームはクライマーと呼ばれる、宇宙エレベーターのエレベーターのカゴ部分の開発を主に行っています。

当チームの取り組みでは、まだまだ宇宙への道のりは遠いものです。
しかし、こういった番組で取り上げて頂き、番組をご覧になった皆さんが、
『宇宙へ行きたい、宇宙エレベーターへ乗ってみたい!』
という気持ちになって頂く事が、宇宙エレベーター実現への一歩になると考えております。
なにより、宇宙エレベーターを実現しようと本気で活動している人がいる事を知って頂ければと思います。
今回の放送では、宇宙エレベーターチャレンジと呼ばれる、クライマーの開発に焦点を当てて頂きましたが、
番組に登場した方以外にも、多くの方々が様々な分野で宇宙エレベーターの開発に挑戦しています。

宇宙エレベーターはSFではなく、技術開発テーマです。
非常に難しいテーマですが、みんな夢と希望を持って活動しています。
是非、興味を持って頂ければと思います。

下記のHPに宇宙エレベーターの仕組みなどが詳しく掲載されております。
是非、ご覧頂ければと思います。
宇宙エレベーターのしくみ(一般社団法人宇宙エレベーター協会HP)
宇宙エレベーターチャレンジについて(一般社団法人宇宙エレベーター協会HP)

◯クライマーの技術的な資料
【暫定版】宇宙エレベーターモデル昇降機『momonGa-6。』開発報告
クライマー開発技術の動向
宇宙エレベーターモデル昇降機『momonGa-5。』開発報告


最後になりますが、今夏開催された宇宙エレベーターチャレンジ(SPEC)2014で
チーム奥澤クライマー実験6号機がトライした2x1200m昇降動画を紹介します。
ここまで昇るのに6年を要しましたが、毎年少しずつですが、宇宙へ近づいております。
これからも、活動を継続していきますので、ご支援のほどよろしくお願いします。

momonGa-6。2往復x1200m昇降動画公開!

祝メディア登場記念(?)ということで。
今夏開催された宇宙エレベーターチャレンジ(SPEC)2014でチーム奥澤クライマー実験6号機がトライした2x1200m昇降動画を紹介します。

今実験では車載カメラ3台(と地上カメラ1台)で昇降映像を記録しました。視覚データとして地上からでは見れないクライマー挙動を後で確認するために役立てています。
実験後に評価検証の為、通しで映像を見るのですがデータを取得しはじめた頃は昇降距離は100m、3分間程度なので楽しみながら見ていたのですが、今回2400m(2x1200m)、時間にして35分、これを繰り返し見なければならないのはちょっとした修行です(苦笑)。

私も通しは3回しか見れてません。さあアナタも挑戦してみましょう!
(冗談です。景色変わらないのでスキップしてね)

これで分かったこと。
宇宙エレベーター構想では静止軌道まで約1週間の工程を想定されてますがただ乗っているだけじゃすぐ飽きますね。。。つまり機内サービスが重要ってことかな。以下のドラマでもスキップしちゃってるし(笑)。

ラジオドラマ「SPACE ELEVATOR」(2009年 三菱電機ビルテクノサービス) *クリックで視聴サイトへ



momonGa-6。

いよいよ明日からSPEC2014が始まります。
これがチーム奥澤の宇宙エレベータークライマーモデル「momonGa-6。」です。

momonGa6-20140803

少々宿題を残していますが、あとは現地で調整です。
ワクワクとドキドキ、そして眠ら(れ)ない体力勝負の4日間の始まりです!
応援よろしくお願いします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。