スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが、、、されど、、、

高度1000mから見る景色ってどんな感じだと思いますか?
今日は宇宙エレベーターの高さにまつわる話。

 旅客機の飛んでいる高度は10km、宇宙は100kmから。あの国際宇宙ステーションですら周回している軌道は約400km。新幹線で旅行に行くことを考えると案外近いですね。宇宙エレベーターは高度約36,000kmの静止軌道上に重心を持った全長5万~10万kmのケーブル状の長大な建造物構想です。
 こんな長い軌道ケーブル作れるの?→今は作れません。ケーブル材料には”破断長”と呼ばれる物性(引っ張り強さ)/密度(比重)の数字があります。鋼鉄ですら100kmもまっすぐに垂らすと自分自身の重さで切れちゃいます。これじゃあ荷物を運ぶなんてできません。そこで登場するのが自走式昇降機型(=クライマー)エレベーターです。現在主流の籠をケーブルで巻き上げる方式よりシンプル構造(かな)で有力とされています。

ここからはスケールをチーム活動レベルに落として(笑)。
 世界一高いビルとして知られるブルジュ・ハリファ(ドバイ)の全高は828m。施設内のエレベーターは前述の巻き上げ式で昇降行程は当然それ以下です。
昨年チーム奥澤が作ったクライマー実験機「momonGa-5。」は昇降距離1100mでした(*高度ではなくテザーを昇った距離)。つまり世界最長のエレベーターだってことでしょうか(大げさに言いすぎですね)。

で、タイトルに戻って。
「たかが1000mでしょ」って言うかもしれませんがエレベーターの世界では「されど1000m」なんです。
そんな高度1000mの景色をご紹介。ちょっとは違った風景に見えますでしょうか。
スポンサーサイト

Welcome to SE world !

NHK「特報首都圏」をご覧になってこのサイトにたどりついた皆さん、
~ようこそ、宇宙エレベーターの世界へ!~

 って書き出すと壮大な話に聞こえますが、私たち「チーム奥澤」は宇宙エレベーターの一部である籠の部分、<クライマー>と呼ばれる自走式昇降機の小さなモデル機「momonGa」を開発製作、実験をしている社会人チームです。
 今年も8月に静岡県富士宮市で行う大規模実験に向けてがんばってます。開発の様子をアップしていきますので、みなさん応援よろしくお願いします!

自己紹介をかねて以下に参照サイトをご紹介します。(太字をクリックすると各サイトへ飛びます*外部サイト含)

宇宙エレベーターとは」(宇宙エレベーター協会様サイト)
チーム奥澤の紹介
チーム奥澤が挑戦するSPEC2014の紹介」*大規模実験(2014年8月静岡県富士宮市)

「宇宙エレベータークライマー実験機 momonGaシリーズと実験の紹介」
momonGa-1~3号機
momonGa-4号機
momonGa-5号機

そして、できたてホヤホヤの「momonGa-6。」昇降テスト映像


興味を持ってくれて一緒に宇宙エレベータークライマーを作りたいと思ったアナタ、
下記サイトよりお気軽にご連絡ください。

チーム奥澤(メンバー&サポータ)
これからもよろしくお願いします!


金子隆一先生

「軌道エレベーター~宇宙へ架ける橋~」('97、早川書房、共著石原藤夫氏)の著者でサイエンスライターの金子隆一先生が8月末に逝去されました。

書籍や雑誌コラムの執筆でご活躍された先生ですが、私にとっては当時ほとんど知られていなかった軌道(宇宙)エレベーターを日本に紹介され、その黎明期を支えた(創った)”スゴイ人”です。
以前、先生にお会いしたことがあるのですが、こちらの無理なお願いにもかかわらず快く引き受けてくださったり、いつもニコニコとしていて温和で素敵な人柄の方でした。残念です。
 
謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

最近のmomonGaってヤツは。。。

今回の記事もちょっと自信なし(苦笑)。

皆さんは”自撮り”ってご存知ですか。いや失礼。私、今回はじめて知りました。。。

「自撮り」* Wikipediaより
自分撮り:撮影者が手持ちしたカメラのレンズを自分自身に向けて被写体とする撮影方法

よく見かけるコレ↓ですね。

続きを読む

宇宙エレベーター/Space Elevator のうた。

ちょっと息抜き。
私たちの間では熱く語られている宇宙エレベーターですが、皆さんにはどうなんでしょう。きっと温度差があるんだろうなあ、と思いつつSPEC2013直後の今なら、と少し期待しつつネットで宇宙エレベーターを検索してみました。結果、んーほとんど話題になっていない。。。残念。
そんな中、「宇宙エレベーター/Space Elevator」というタイトルの歌があるのを発見!しかも2曲も!

まずは外国の方、Glen Phillipsさんの「Space Elevator」
そして日本の方、capsule(中田ヤスタカ)さんの「宇宙エレベーター」
(アルバムS.F.sound furniture収録曲)

今人気のきゃりーさんやPerfumeさんの楽曲書いてる人ですよね? あまり音楽に詳しくないのですがちょっとウレシイ。こういうところから宇宙エレベーターを皆さんに知っていただけるのもアリだよね。

なんでこれを話題にしたかと言うと、なんとクライマー「momonGa-5。」には音声出力機能がオプション搭載できるんです!
本来は高高度運航に伴い目視では上空でのクライマー状態が判断がしにくくなっていく今後、前記事のカメラ搭載同様、目視以外の”音”を発信し状況を把握しようとする目的です。
今回搭載を見合わせましたがスタート時に「上にまいります」(笑)や到達高度を読み上げる機能計画がありました。なのでソフトを書き換えれば”宇宙エレベーターの歌”を歌いながらも昇れるんです。
momonGa5-speaker

なんで搭載しなかったかって?
音声ユニット左右2個で1.2kg。。。ちょっと重過ぎ(苦笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。