スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙エレベーター技術転用に期待!?

単層グラフェンを長尺で生成する技術をソニーさんが開発されたそうです。

ソニー、グラフェンを高品質で量産する技術開発

グラフェンはCNT(カーボンナノチューブ)が円筒断面に対しペラペラの薄い紙みたいな形状といったところでしょうか。宇宙エレベーターのテザーを想像しちゃいますね。

記事に機械的物性は書かれていないのでSEと直接結びつけることはできませんが長尺生成技術は大きな一歩かなと思います。(材料が長いと結合力が生まれ糸の様に長く作ることができるのです)

むしろ電気的特性を活かして軽量大容量モータができてくれるとクライマーにも優しいかな。
今後の開発に期待してます!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。