スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボツネタ (momonGa-6。)

 宇宙エレベーターのクライマーに決まった形や仕組みは(まだ)無いので実験機開発途中には「ボツ」になってしまうアイデアや設計があります。今回は「momonGa-6。」で日の目を見なかったボツネタを紹介します。

「自転車用内装3段減速機」
mon6-break(ng)
 ママチャリなどの後輪ハブに使われている減速機です。宇宙エレベーター構想に掲げられているコンセプトのひとつ、”既存の技術で”を忠実に守り(?)、これをクライマー駆動ローラに転用しようと設計を進めました。
これはMAX/MIN変速比186%で内装式なので停止時でも変速可能、しかもこの形状だからハブ部分にウレタンでも巻けば即転用できるのでは、と目論んでいました。

 しかし、甘かった。。。テスト用に現物入手して試したところ、ボツ行きとなりました。
ボツになる理由は納期や価格、重量など様々だと思いますが、コイツは・・”後退ができない”・・です。
今考えればあたりまえですが自転車って後退無いんだよね。。。中でラチェットが外れフリーになってしまいそのまま転用と言うわけにはいきませんでした。(結局、必要機能にしぼって自作しました)

こういう基礎的なところでヤラかしちゃうのも開発の醍醐味(苦笑)。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。