スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙エレベーター技術競技会(JSETEC)とは

クライマー開発を書いていて、それが活躍する場所を紹介するのもいまさらですが、、、

改めましてチーム奥澤が挑戦する「宇宙エレベーター技術競技会(JSETEC)」を紹介します。
「宇宙エレベーター技術競技会」
JSETEC (Japan Space Elevator Technical&Engineering Competition)

「主催」
一般社団法人 宇宙エレベーター協会 ( HPはコチラ )

「主旨」
宇宙エレベーターの実現のためには、全く新しい制御技術や昇降方式の開発が必要です。そこで技術の蓄積や問題点の発見/解決の場として、また研究者や技術者、学生諸氏への啓発のために開催する実験競技会です。

「実績」
2009年8月 千葉県船橋市日本大学二和校地にてポリエステルテザーによる
       150m級昇降実験の競技会開催
2010年8月 同地にてポリエステルテザー/ロープによる300m級昇降実験の競技会開催
2011年8月 静岡県富士宮市 国土交通省 富士砂防事務所 大沢遊砂地内にて
       帝人テクノーラ製テザー/ダイニーマ製ロープによる600m級昇降実験の競技会開催(予定)
今後も不定期(年に1回程度か)、仕様や昇降距離をスケールアップして開催

「世界動向」
2005年より2010年にわたり米国ではNASAの支援を受け競技会(クライマー/テザー)を開催
2011年8月 ドイツにてミュンヘン工科大学の宇宙エレベータチームにより欧州競技会(EuSEC)を開催(予定)

これを続けていくと本物の宇宙エレベーターのできあがりです。
チーム奥澤、宇宙エレベータークライマー初号機目指します

スポンサーサイト

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。