スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競技会の1日。

宇宙エレベーター技術競技会(JSETEC2011)は4日間開催されました。
競技自体は1日の内30分くらいしかありません。じゃあ他の時間は何してるんでしょう。
メンバーの一日を追ってみました。
location.jpg
競技会は砂防ダムの広大な敷地を利用して行われます。少し離れたところに各チームの作業テントがあります。
koubou.jpg
夜は宿泊先にある工房で作業ができます。

hiru.jpg
日中はカンカン照りの作業テントでクライマーの調整作業です。

ame.jpg
雨が降っても電気部品を守りながら作業し続けます。

yoru.jpg
夜ももちろん工房に戻って作業です。

。。。そうです。ずーっとクライマーをいじってます。もちろん他のチームも同様です。
いつ休むかって? 休みません、いや休めません。4日間の平均睡眠時間は2~3時間で作業です。

後半は”技術競技会”というよりも”睡眠ガマン大会”です。学生チームに混じって参加している私たちオッサンチームにとっては最大の敵と言えるでしょう。
でもどのチームも1日経つ毎に改良されていきます。それを間近で見られるのも感動モノです。
スポンサーサイト

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。